夏、秋の開催に続き、第3回はいよいよ桜の花の時期の開催となった「石和温泉Water Side Market」。
3月28日からの開催となっていましたが、天候不良のため1日遅れの開催となりました。
桜の開花も少しずつ進み、週末は天気が心配ですが、お花見するにはちょうど良いお花の状態になりそうです。
今回のマーケットの様子をご紹介します。
 
桜の花ももうすぐ見頃になりそうです。
マーケットのすぐ近くで桜が見られるのもこのWater Side Marketの特徴です。
「イベント開催中」の幟旗が目印です。
 
衣類や雑貨など、いろいろと面白そうなものが売っています。
前回もお世話になったキッチンカー。お花見といえば、グルメですね。
 
珍しい麻を使ったランプ。小さいものから大きなものまで様々。
麻の間からの光は幻想的です。
ヘアアクセサリーや雑貨など、すべて1点ものです。
 
この日は初日ということもあり、夜の営業に向け、今からテントにお店が入るのかな?という店舗がいくつかあり、これからへの期待が出来そうです。
4月1日からは石和町料理飲食店組合の「桜満開の木の下で」の店舗が入り、また違った雰囲気もお楽しみいただけるのかなと思います。
こちらのブースでは、甲州名物のほうとうや山梨県産ワインを販売する予定となっています。
どちらのお店も夜の10時までの開催となっています。
昼のお花見・夜桜見物とともにお楽しみいただけます。
この週末(4月2日・3日)は華やかで賑やかなさくら温泉通りとなりそうです。
ぜひ皆様のお越しをお待ちしております。
夜の様子です。昼とは違い、ランプの灯りと夜桜が雰囲気を出しています。