新!ご当地グルメ開発
笛吹市では新しいご当地グルメを作ろうと新たな試みをしています。

今回、研究が進んでいるのは、笛吹市の特産品である「ワイン」にちなんだワインラーメンです。

10月15日(木)笛吹市商工会(飲食店部会)主催で試食会が開かれました。
笛吹市商工会、笛吹市商工会飲食店部会、笛吹市役所など関係機関から20名ほどが集まり、ワインラーメンを試食し、忌憚ない意見を出し合いました。 今回はワインが練りこんである麺を使用し、赤ワインの麺は塩ベース、白ワインの麺は醤油ベースのスープで食べました。
 
醤油ベースの白ワイン麺のラーメン
 
赤・白のそれぞれの麺。比べてみると違いますね。
 
 

赤ワインが練りこんである麺はほんのり赤色です。

 みんなで試食し、意見を出し合います。
 参加者からは「過熱するとワインの風味が飛んでしまう」「スープにワインを使ってみたらどうか」など様々な意見が出ます。

メニューに出すまでにはまだ時間がかかりそうですが、こういった取り組みもしていますので、こうご期待を!